感動その2

2020年07月02日

そういえば、ふと思ったのです・・・

いつものように、恣意的ではあるんですが。

まぁ、妄想ブログだからいいかな(笑)

 

感動って、心が動くことだって以前のオトナのブログでもお話しました。

ひとは、それぞれに心の置く位置は違うと思うのです・・・

そして、みたり聞いたりするもので影響され、位置から大きく動いたら感動をうけるのかも・・

感動その1では、マラソンを例に説明させていただきました。

期待されない選手が、最後のラストスパートでゴールを切る!

オリンピックにも時々あるシーンですね。

これは、単なる感動の一例に過ぎません。

 

たとえば、映画やテレビのシーンで感動するのはシリアスなシーンや、ヒューマンな言葉・・

なぜか、つくられたストーリー、作られたセリフなんですけど・・・

涙したりします・・・

古い話しですけど、ある、お昼のワイドショー番組の最後のコーナーで、涙のご対面・・・なんてありました。

こどもが幼いときに、ある事情で離ればなれになった母親が登場し、その事情をナレーションが読みあげ・・・・・

そして、三十年後の生き別れの子供と涙のご対面です。スタジオで親子が抱擁するシーンー・・・もう、ほとんどのお客様が涙・・

わずか、エンディング45秒前!・・・これってある意味感動をあたえるすごいシーンですね。

 

何が言いたいかですって?実は、ある芸能ジャンルで恣意的に思いついたのです。

お笑いに感動があるかと思ったんですよ・・・

人間いちばんの感情のひとつの笑いです!

歌とか、楽器演奏では、時々、感動を受けるのですが・・・

わたくしのまだ、体験のない未知なる探索なんですよ。(笑)

 

それではまた

ココ住友

サイトロゴ