愛・愛情・好き

2020年07月19日

過去にも思ったことがあるんですよ・・・

愛について・・・

まぁ、一般的には恋愛でしょうかね・・・

あいてが気になりだす?

みた瞬間ドッキュ~ンと感じる(笑)

まぁ、恋愛のはなしは朝までかたってもキリがないですね。

 

ここからは、愛とか愛情の主観的なおはなしです。

心理学とか道徳とか教えではなく、あくまで主観です。

 

愛とは、わたしが思うには、なにかの時にあらわれます。

わかりにくい?

たとえば、砂漠でわが子とふたり・・・一本のボトルの水があったとします。・・・

そんなとき私なら子供にまず水をあたえるでしょう・・・

 

もっと、わかりやすくいうと利益、不利益の状況のときに自分が不利益を選択する。

これを、ひとつの愛情と思います。そして、愛と情をふたつにわければ、

はじめて会った、他人の子供に水を与える。・・そう、これは情けですね。

 

あ、恋愛でひとこと、ドッキュ~ンはある意味、感動なんでしょうね。

心を動かされたんですよ・・・・

 

さいごにひとの心は変わるものなのです。

あいての心の変化は敏感にわかりますよね。(笑)

でも、じぶんも、心が変化していることに気がつかない・・・

そして、お互いに違う方向に変化するので、きがつけば心と心は離れていってしまう・・・

 

え!わたしと妻の変化はですって?

ほら、愛情ですよ。・・愛と情をわけて、情け・・・

あ、愛でした!(笑)

 

それではまた

ココ住友

 

 

心