金融時計

2020年09月03日

金融時計・・・

一般のかたには、聞きなれないことばですね。

いつでも、買取のお店にもっていけばお金に替わるという時計です。

数十万円から、モデルによっては百万超えも・・・・

 

いろいろなメーカーや機種もあるとは思うのですがね。・・・

よく引き合いに出されるのが、ロレックスのスポーッモデル・・・

いまは、プロフェッショナルモデルというよびかたに・・・

 

なんせ、10年前までは、この世界のことを知りませんでした。

ある知人と雑談中に、時計をコレクションしているとか・・・

耐久消耗品だから、ぜいたくな趣味だねと、言ったら・・・

「買ったときより高く売れるんですよ!」

ありえんな・・・・

 

それから、数年後に別のかたからも・・・

 

地金・プラチナは税法で管理されているから、時計も売買で利益でれば同じじゃあない?

「いいえ」?それで調べてみました。・・・

結論は、差金で利益がでても申告の必要もないし、脱税でもないそうです。

ただし、金無垢時計や宝飾時計は税法にかかるとのことです。

あくまでも、高級時計ではあるけど、実用ステンレス時計は対象外になるらしいです。

転売屋さんってのもみえますから、いまでは店頭に出さないし、在庫も無い!

都市部のかたで、人気モデルを毎日のように数件のお店周りして3年も探し続けてみえるとか。・・・

 

この現象は、歴史があります。生産数をけっして増やさない。

世界で人気があるブランド・・などなど・・・

興味のあるかたはお調べを・・・

そして、利益がでなくても自己責任で・・(笑)

 

それではまた

ココ住友

腕時計