名乗り

2020年09月19日

いつの頃からか、人名にさまざまなお名前がつけられています。

俗にキラキラネームとか?

 

わたしの年代は、一般的な名前がつけられておりました。

知識不足から、読めない漢字はすべてキラキラネームと思っておりました。

あるとき、たまたま名刺交換された相手のかたのお名前が読めませんでした。

 

いろいろネットで調べたところ、人の名には、音読み訓読み以外に名乗りという読み方がありました。(古くからふつうに使われている読みかただそうです。)

名乗りとは、いろいろな意味があるそうなのですが、戦国時代劇で武将が戦う前に自身を名乗るのもそうなのです。

 

わかりやすい例をとれば、年配の女性に一般的につかわれていた「和」という文字ですが、名前では「かず」と読むことが多いですね。

そして、この読み方は、音読みにも訓読みにも無く、名乗りの読み方だそうです。

あまりにも一般的に浸透しているお名前なので読めますよね。

今日は地味な話しでした。(笑)

 

それではまた

ココ住友

名乗り