近未来の現実

2019年09月29日

なにか・・秋を感じてきたせいか昼間も眠気が・・・

夏の疲れかも・・・

そんなに仕事をしてないですって・・(涙)

 

今日は、近未来の福祉のおはなしです。

昨日のあるテレビで、フィンランドでは社会保障を全面廃止し、

そのかわりに、国が国民に一定のお金を分配すると・・・

もうすでに、二年くらいテストで実施しているとか?

 

これって、わたくしがオトナのブログ時代に将来、人間の職場はAIと

ロボットに代わり人間は職を失い、機械が稼いだお金を人間に分配するって

書き込んだおぼえがあります。残念ながら、他の当時のスタッフに削除されましたが(笑)

以前に読んだ書物で、インドのラビバトラ(経済学者)が、やがて資本主義経済は消え、

均衡経済が生まれると・・・

そうなれば、福祉も豊かになり、徐々に貧富の差も崩れてくると・・・

 

いま、世界の貿易経済は混沌としています。これからも嵐が吹き荒れてきます。

やがて嵐が収まった時は、大地に緑が色づき、のどかな時代になると思います。

 

それではまた

ココ住友

ロボット