お金とは

2019年09月30日

昨日に続いて書き込んでみます。

気分が良い?調子が良い?・・理由はありません(笑)

 

お金のこと、ふ、と思ったからです。

当時、国内でもデフレの時代・・・インフレの方向に移行させるために、

かなりの量のお金を日銀が新しく発行したニュースがありました・・・

しかし思うようにはなりませんでした・・・・

 

単純に経済の力が成長していなければ、お金の量を倍にすれば、お金の価値はなくなる・・

そうですね、千円で買えたものは当然それ以上になり、物価高(インフレ)ですよね。

そこで、わたしの妄想を・・・いらんかも(笑)

新しく発行した、膨大な一万円札のゆくえは・・・・

 

きっと、富裕層、お金に余裕ある個人、法人に行ってしまったから、

動かない、預貯金や内部留保金が増えただけでは??

お金とは、必要最小限の量でもきっと良いのではと思ってしまいます。

動かないお金を増やしてもインフレにはならないのかもです・・・

 

はなしは違うのですが、アメリカは歴史の浅い国、古くは無法地帯の時代もあり、

すべてに、信用が不安な時代にドル紙幣が誕生しました。

信用を裏付けるものが、ドルはいつでも金(キン)と交換する兌換制度がありました・・

そして、廃止になったのがニクソンショックです。

 

現代は電子マネーに移行する流れですね。そして電子マネーは現金と兌換できる。

しかし、何時の時代かは日本もニクソンショックがあるのでしょうね。

そして、電子マネーになれば、お金にGPSがつくから把握しやすいのでしょう・・・

 

それではまた

ココ住友

一万円札